東京でエアープランツを育ててみたら...

東京のアパートでエアープランツはすくすくと育ってくれるのかを検証するブログです!

吊り下げられるエアープランツ|ドゥラティー

大きくなるエアープランツと言えばキセログラフィカがとても有名ですよね。

ある程度エアープランツが揃っているお店なら必ず置いてあります。

f:id:ikasumix:20170209072557j:image

でも、お店に置いてあるのといえば手の平サイズか吊り下げて飼えるウスネオイデスくらいで、それ以上大きくなるエアープランツはなかなかお目にかかる機会がありません。

 

実は、同じくらい大きくなるエアープランツって他にも沢山あるんです!

 

専門店に行かないとなかなかお目にかかれない理由として、大抵のエアープランツは輸入品のため、大きくなればなるほど輸送料が掛かります。輸送料をケチって狭いスペースに押し込んで輸送すると葉が傷んで売り物にならないなどが挙げられます。

 

何とかしてコレクションに加えたかったのが、こちらのドゥラティーです!

f:id:ikasumix:20170209072924j:image

今まで投稿したエアープランツの中では飛び抜けて風変わりなフォルムをしていますよね♪

 

キセログラフィカはエアープランツの王様とよく言われますが、こちらは同じくらい存在感がありながら、ほっそりとしたフォルムに葉先がクルンとカールしているところや銀色に輝くトリコームからエアープランツのお姫様にふさわしいのでは?

 f:id:ikasumix:20170209073007j:image

今回はこのドゥラティを遂にゲットしました。

お店に3つのドゥラティが置いてありましたが、これが最も小さいサイズで他のは2〜3回りほど大きかったです。そして値段も2〜3倍高かったです。

 

購入金額は5千円弱でした。前回ロフトで売っているのを見かけましたが、同じサイズで12000円ほどしてました!

f:id:ikasumix:20170209073151j:image

花が咲き終わった頃で頭のほうは枯れた感じで寂しげがありますが、下からは新しい芽が出てきていて今後が楽しみです。

 

家に帰って早速ソーキングをしてあげると葉の中からシャワーっと小さい泡が出てきました。

まるで炭酸水に入れたかのような希望が幻想的♪

f:id:ikasumix:20170209073256j:image

水が大好きな種類なので今後も水を多めにやって成長を見守りたいと思います!