東京でエアープランツを育ててみたら...

東京のアパートでエアープランツはすくすくと育ってくれるのかを検証するブログです!

楽しみを先取り!花芽のフックシーとアエラントスミニアータ

エアープランツを育てる楽しみ方

エアープランツを育てる楽しみ方って色々ありますよね!

インテリアに溶け込ませたり、大きくて育てたり、花を咲かせたり、株を増やしたり.....

 

 

私の場合は上にあげたもの全てを楽しみにしています。

これまでは小さい株から大きくして自分で花を咲かせる状態まで持っていくスタンスでいたのですが、

ここにきて、すでに花が咲いていたり、クランプになっている状態のものを育てるのも変化があっていいかなと思い始めました。

 

たまには楽して増やしてみようというわけです!

 

花芽とクランプの2種類をチョイス

選んだのはこの2種類!

・フックシー・グラシリス

アエラントス・ミニアータ

f:id:ikasumix:20160923082906j:plain 

フックシー・グラシリス

フックシー種はこれで3種類になりました。どれも丸々してるのですが、特徴は分かれるのでしっかり区別することができますよ!

f:id:ikasumix:20160923082804j:plain

フックシーグラシリスは葉が長くてしかも太いのが特徴です。

トリコームも多く、フックシーの中では1番銀色に見えます。

 

1番大きな株を買ったので種類による大きさの違いはわかりませんが、手のひらいっぱいになるまでは大きくなります。

 

f:id:ikasumix:20160923082816j:plain

すでに5つの花芽が出ています!花の成長は後日レポートしていきます♪

 

 アエラントス・ミニアータ

アエラントス自体は普及しているらしいのですが、このミニアータという品種はなかなかのレア種だそうです。もともとアエラントスという種があって、それよりも一回り小さい種なのでミニという名前がついたそうです。

f:id:ikasumix:20160923082829j:plain

 

今まで単株で購入していたのでクランプは初めて!

密に生えているのですでにいくつ頭があるのかわからない。

丸いクランプになるように育てていきたいと思います。