東京でエアープランツを育ててみたら...

東京のアパートでエアープランツはすくすくと育ってくれるのかを検証するブログです!

エアープランツの王様、キセログラフィカが仲間入り

大きさ、形、風合いどれを取ってもエアープランツの王様として君臨している(っと私は思ってます!笑)と言えばキセログラフィカです。

 

その高い価格設定に何度も買うことを躊躇してしまっていました!

欲しいと思い始めて3カ月後ついにゲットしました。

 

f:id:ikasumix:20160919230225p:plain

価格は4000円

大きさとしては中の小型くらいになるのではないでしょうか?

 

今までのエアープランツは手のひらに乗る程度で重さも発泡スチロールくらいしかないため風が吹けば動いてしまうほどの物ばかりでしたが、

キセログラフィカの重量感は桁違い!

葉も肉厚でドッシリとしています。

 

f:id:ikasumix:20160919230323p:plain

上から見ると葉の表面にシマシマ模様がついているのが気に入ってこの子を選びました。

購入したお店には同じ大きさのキセロが4つほど置いてありましたが、カールが強いものから、葉の太さまで個体差がすごく大きい感じでした。

 

葉は2箇所損傷してましたが、比較的古い葉の所なので大きくなってしまえば目立たなくなると思い納得して購入しました!

f:id:ikasumix:20160919230421p:plain

1箇所目は葉先のところが茶色く縮こまってしまっています。 

2箇所目は葉の根元付近で半分ほど葉が切れてしまっていました。

 

 

 

http://www.gardenoutletonline.com/images/garden-tips-information/tillandsias/tilxero2.jpg

キセログラフィカの花は立派で、左右対称の赤い花を咲かすそうです。

こんなのが毎年咲いてくれたら最高ですね。

 

育て方調査

 

キセログラフィカかは特に丈夫な種の様で環境の変化には特に強いそうです!

 

でも、成長はゆっくりで、一度切られた根元から根が生えて来るのは1,2年ほど掛かるそうです。

https://img1.etsystatic.com/000/0/5843834/il_570xN.235292825.jpg

 

注意するポイントとしては、水が葉の付け根に溜まりやすく、そのまま放置しておくと葉の付け根が腐って黒色になりいつの間にか死んでしまうこがあるそうです。

水が溜まりすぎない様に注意して育てていきます。

 

今の環境に適応してきたら、ある期間にどのくらい成長するのか調査してみたいと思います。