東京でエアープランツを育ててみたら...

東京のアパートでエアープランツはすくすくと育ってくれるのかを検証するブログです!

スプレンゲリアナをコルクに着生させる。エアープランツにそっと苔をまとわせると...

小さくても大人なスプレンゲリアナ

親指の第一関節ほどしかないサイズにたくさんの葉を密集させるスプレンゲリアナ。

他のエアープランツと大きく違うのがトリコームの生え方です。

 

大抵のエアープランツは、白くて細いうぶ毛を葉全体にまとわせるのに対して、

スプレンゲリアナは薄い膜のようなトリコームを着けます。

例えると、日焼けした肌から白い皮が少し向けようなトリコームです。

 

あまりにも小さいので、

苔の中に潜り込ませるようにして育てていました。

 

 

この環境がなかなか良かったようで、冬場でも白い根を伸ばしていました。

今回は、この状態の良いスプレンゲリアナをオシャレに飾れるようにアレンジしていきます。

 

スプレンゲリアナをアレンジするために用意する物

用意したのは、

  • 白コルク

の4点です。

コルクはなんでも構わないと思いますが、今回は、ポルトガル旅行の時に買った白コルクを使います。

 

 

1.ポジションを決める。

簡単に苔とスプレンゲリアナのポジションを決めていきます。

中心部分には発根した部分が早めにコルクに定着するようにしたいので苔を入れないようにします。

苔は緑色の部分を極力使うようにします。このほうが保水性がアップします。

ポジションが決まったら固定していきます。

 

 

2.針と糸で固定する

針をコルクに通して、玉結びをした糸で解けないようにします。

 

次にスプレンゲリアナの株の間を上から押さえつけるように糸を回して、

再度コルクに針を通します。

 

これを2回ほど繰り返すと、しっかり固定されます。

 

 

3.完成

あっと言う間に完成です。

コルクは水を弾きやすいので、蒸れる心配はありません。

逆に、苔に水が行き届かなくて乾燥気味になると、苔の緑色がなくなってしまうの注意が必要です。

 

皆さんも、小さなエアープランツがありましたら、ワインを飲み干したコルク栓を有効活用してアレンジしてみてはいかがでしょうか?